更年期障害・側湾症(側わん症)にお悩みの方は和歌山県・紀の川市役所近くで整体・姿勢の医学の身体バランス法「無痛庵」へ
 歪みチェック

 価格・メニュー

 ご予約・お問い合せ
 プライバシーポリシー
 リンク

 サイトマップ 

 メタボリック対策

 研修案内 

 連絡先

〒649-6407
和歌山県紀の川市
     池田新191番地

地図リンク

TEL:0736-67-7784
mail:mhama7784@mutsu-an.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     歪みチェック


 なぜ身体が歪むのか?

人間は、手足を使って生活をしています。
手や足を動かす筋肉は全身とつながっています。

手足の使い方が片側的であったり悪い姿勢が習慣づいていると、
左右の筋肉にアンバランスが生じ、それが積み重なってくると
身体の歪みとなってゆきます。

 

 身体が歪むとどうなるのか?

本来、左右が対称性であるものが、機能的に違いが生じたら、
平衡機能を失い、構成する組織の疲労、ストレス、
損傷、炎症知覚異常などが生じます。

動くと痛い、動きにくい、動かすのが痛い、姿勢が悪くなるなど
また各種の系統に見られる疾患の原因となります。

■頭痛・肩痛 ■腰痛・膝痛 ■ガク関節症 ■座骨神経症 ■生理痛 ■猫背・側湾症

 

 身体の歪みを知る方法

身体の歪みは、身体の形に表現され、
日頃のなにげない動きのなかに現れます。

●首を右、左に軽く回してみると硬い側と向きやすい側、痛い側とそうでない側がわかる
●壁に背をつけ肘を伸ばして前から手を上げてバンザイをしてみると長い側と短い側がある
●肩の上がり下がり
●スカートの中心が片側に回る
●洋服の袖、ズボンの長い、短いがある
●履物が片減りする
●横座りして楽にできる側と難しい側とがある
●一方向にしか寝られない
●臍(へそ)が左右どちらかに寄っている
●足を重ねてすわる

 

 歪みチェック

ここでは、自分の身体が歪んでいるかどうかを簡単な方法で
チェックできるので、ぜひ一度試してみて下さい。
自分に当てはまっているものにチェックをして見てください。

カガミチェック

鼻筋が歪んでいる
あごの先端が中心に来ない
耳のどちらかが余り鏡に映らない
どちらかに首を傾けている
どちらかの肩が下がっている
腕の長さが違う
まっすぐに立ってない
猫背であごを突き出している

動作チェック

寝相が悪い
あぐらがかけない
正座がしにくい(足をかさねて座る)
靴底の減りかたが左右でちがう
バックをかける肩が決まっている
あおむけに寝れない
横座りをする癖がある
ぺちゃんこ座りが楽である

日頃の行動チェック

椅子に座ると足をくむ
体を捻って作業する
肘枕をしてテレビを見る
無理なストレッチ体操をする
電気マッサージ機等をよく使う
横になって寝ていることが多い

日頃

左右どちらかの足に体重をかける
健康サンダルをはく、青竹ふみをする
あし底を強く揉む・手のひらを揉む等
立ち上がった時「よっこいしょ」と声をだす
階段を上り下りするとき手すりを必ず持つ
肩や腰を押す・もむ・たたく・局部的に暖めたりする

チェックが2つ以上入ればあなたの身体は、歪んでいる可能性が高いです。

一度、ご相談ください。
メールでも、お電話でも大丈夫です。

また、このチェック項目がなぜ身体の歪みになるのか?
にはそれぞれちゃんと理由があるのですがここには書ききれませんので、
ご連絡頂ければ合せてお伝え致します。

 ご予約・お問い合せはこちらをクリック

 

 トップへ戻る   

 

Copyright 2008 mustu-an All Rights Reserved.